すきま家 ~甘いもの、はじめました~ (外部サイトで読む

春野こもも

幼い獣人の少年ロウが傷ついた体で辿り着いたのは、隙間の路地の奥にポツンと佇む一件の小さな店だった。店に飛び込んだロウは、店番をしていた黒髪の少女ウメに手を差し伸べられる。
魔法の扉、魔法の畑、恵みの森……そんな不思議だらけのお店『すきま家』はなんと魔女の家だった。ロウと二人で暮らし始めたウメは、旬の食材を使ったパンとお菓子を目玉に、お店を経営していく。そして特別なチカラを駆使しながら、この異世界のどこかにいると信じている大切な人を探し続ける。
一方ウメの協力を得たロウは、自分を徐々に追い詰める強大な敵に対して反撃の準備を始めるのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ウメ
    すきま家
    幼い獣人
    異世界
    魔法
    少女ウメ
    チカラ
    店番
    不思議だらけ
    反撃
    路地
    恵み
    黒髪
    目玉
    魔女
    お店
    隙間
    お菓子
    食材
    少年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

▼こちらでもご覧いただけます▼
カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054891940619

▼こちらも連載しています▼
異世界恋愛とお菓子作り 『嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~』