修羅は今日も我が道を行く (外部サイトで読む

siro

暗闇の牢獄に囚われていた一匹の修羅、渾身の力を込めて暴れもがき叫び続けていたら、暗闇に亀裂が入り光が差し込んできた。  
抜け出るなら今しかない、そんな思いを込めて亀裂を思いっきり殴り飛ばし光ある世界に飛び出した先に待っていたものは、魔王種と呼ばれる魔物の頂点が集まる場所だった。 
急に現れた一匹の人間と思われるものに魔王種の4体は奇異の目を向ける。 
そんな修羅の第一声は、「何を見てやがる畜生共!ぶち殺されてぇのか?」だった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    修羅
    亀裂
    魔王種
    暗闇
    我が道
    第一声
    牢獄
    畜生共
    魔物
    渾身
    頂点
    光ある世界
    人間
    場所
    一匹
    思い
    4体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち