微妙に残念美人な先輩が部室に来るようになった件【連載版】 (外部サイトで読む

みなかみしょう

納谷権一郎(なやごんいちろう)は高校一年。
彼は自身の所属する郷土史研究部で一人過ごす静かな日々が気に入っていた。

ある日、部室前で遭遇した学校一の美人と言われる先輩『二上穂高』。
その出来事が彼の放課後と日常を少しずつ変えていく。

※以前書いた短編の連載版になります。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ごんいちろう
    納谷権一郎
    部室
    二上穂高
    学校一
    連載版
    郷土史研究部
    先輩
    放課後
    短編
    残念美人
    部室前
    出来事
    日常
    自身
    高校一年
    日々
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち