魔術の探求者 キャロラディッシュ公爵 (外部サイトで読む

風楼

人間嫌いで偏屈で頑固で理屈屋で、どうしようもない老人、ハルモア・キャロラディッシュ公爵は、その身分と有り余る私財を使って、自らの屋敷に引きこもり、その毎日を趣味である魔術の探求に費やしていた。

他の魔術師達が目標とするような、人の役に立つ魔術ではなく、人を新たな段階で押し上げる魔術でもなく、ただただ自らが望む、趣味に特化した魔術の探求を。

そうして開発した魔術の力で、愛猫達に人にも劣らぬ知恵を与えたキャロラディッシュは、彼らを従者とし、人間と顔を合わせずに済む平和で平穏な、彼にとっての最高の日々を送っていた……のだが、ある日突然女王が発した『その魔術と財産を継ぐための養子を持て』との命令により、その日々は終わりを告げてしまう。

その上養子としてやってきた女の子はとても珍しい、ある才能を持っていて……。

そうして始まる、偏屈ジジイとジジイの養子となってしまった女の子の織りなす幻想世界での日常ストーリー。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    キャロラディッシュ
    魔術
    養子
    ハルモア・キャロラディッシュ公爵
    人間嫌い
    探求者
    偏屈ジジイ
    しようもない老人
    私財
    女の子
    従者
    自ら
    趣味
    日常ストーリー
    魔術師達
    屋敷
    幻想世界
    身分
    日々
    女王

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち