その男、わたしの為に神をも殴る〜出会った男は最凶最悪の魔人でした〜 (外部サイトで読む

ろろ

「どうやら私は貴女に一目惚れしたようです」

とある小国の貴族令嬢ピカロ・ノスティール。
彼女に告白してきた男は神をも殴る、最凶最悪の魔人だった。

「貴女は自由に生きて下さい、貴女は自由に怒って下さい、貴女は自由に泣いてください」

「へ?」

「貴女がこれから進む道の障害を全て排除してみせましょう。貴女の怒りの源を全て叩き潰しましょう。貴女に涙させる根源を全て消し去ってみせましょう」

恋は盲目。
愛は最凶。

城も国も嘘も真も正義も悪も神も悪魔も。
あらゆるものを殴り倒す。

「嘘も真も関係ありません。私には貴女が真実です」

ただひたすらにピカロを甘やかす、魔人と手下のピカロ溺愛物語、ご堪能ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここからあらすじです。

貴族の令嬢ピカロ・ノスティール。
とある王族の第五婦人の誘いを蹴ったら、反逆罪で島流しに。
流された先ソズモズ島は、遥か昔から人も動物も神さえも近付かないと言われる島。

別名『最果ての大氷原』

過酷な環境の中でも死にあがらうピカロ。
そんなピカロの前にあらわれる巨大な魔獣。

「これは無理だ。これは私、死んだわ」

ワンワン

「ペロ、何か見つけたのかい?」

ワンワン

死を覚悟したピカロの耳に聞こえてきたのは、場違いなほど穏やかな声だった。


ちょっと曲者の令嬢と超絶マイペースな魔人、それにしたがう個性豊かな手下達が繰り広げる、楽しく愉快な物語をご堪能ください。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ピカロ
    貴女
    魔人
    最凶
    貴族令嬢ピカロ・ノスティール
    ワンワン
    先ソズモズ島
    ピカロ溺愛物語
    反逆罪
    島流し
    最果て
    超絶マイペース
    魔獣
    全て
    あらすじ
    王族
    大氷原
    曲者
    小国

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち