転生した最強の錬金術師は、劣等とされる錬金術で無双する (外部サイトで読む

えぞぎんぎつね

 錬金術は魔法よりも圧倒的に強い。
 そんな錬金術を極めたルードヴィヒは、史上最強の魔王を追い詰める。
 だが、死の間際、逃亡するために魔王が放った謎の魔法に巻き込まれてしまう。

 ルードヴィヒが目を覚ますと、そこは千年後の世界だった。
 その上、齢80を超えていたルードヴィヒは若返っていた。
 実は魔王の転生に巻き込まれて、自分も転生してしまっていたのだ。

 ルードヴィヒは錬金術師として生活することにしたのだが、その世界では錬金術自体が衰退し、錬金術師は劣等職、役立たず、詐欺師の別名になっていた。

「今のは魔法などではない。錬金術だ」

 最下級魔導師を名乗る天才錬金術師の無双が始まる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ルードヴィヒ
    錬金術師
    魔王
    最下級魔導師
    無双
    魔法
    天才錬金術師
    劣等職
    錬金術自体
    詐欺師
    史上最強
    転生
    別名
    間際
    世界
    齢80
    自分
    千年後

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち