漆黒の雙月(そうげつ)《詩人の月シリーズ 第二弾》 (外部サイトで読む

cinlee dan

大の月と小の月がともに新月になる夜には、秘密を抱えてもいいとされる。

村から出てきたばかりの少年リューイは、人買いに連れられて旅をしていた。
すでにとうが立っている年齢で売られる先は、限られている。
おまけに、リューイの目の色は「傾国の赤眼」とされて、忌み嫌われる色だった。

人買いと共に旅をする途中で、リューイはとある男と出会う。
漆黒の詩人という異名のその男は、リューイを買うが、男には秘密があった。

人生をあきらめた男と、これから自分の人生を歩き始めようとする少年の物語。

◇◆◇
いわゆる「王道ではない」タイプのBLです。
初めての方は、「月の奏慶」(完結済み)からどうぞ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    リューイ
    人買い
    そうげつ
    雙月
    小の月
    大の月
    少年リューイ
    漆黒
    詩人
    傾国
    赤眼
    目の色
    異名
    完結済み
    奏慶
    新月
    人生
    王道
    とう

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

椴岑利です。

BLを毎日更新しています。
皆さんの日々の息抜きになれば幸いです。

現在、連載中の作品です。
前作、『月の奏慶』と同様に、有料版の電子書籍化の予定です。

初めての方は、『月の奏慶』からどうぞ。