無神論者の私が聖女様な訳がない。 (外部サイトで読む

父が亡くなり、叔父によって修道院に無理矢理入れられた私──マリアの前に突如女神の御遣いが現れた。
正直二頭身の小人にしか見えない御遣い?曰はく、私が次代の聖女サマらしい。
そんなこと絶対に、絶対に在り得ない!
だって。
「だって私、無神論者だし……」

果たしてマリアは次期聖女候補と誉れ高いシスター・カトリーヌに聖女の座を押し付けて、あわよくば還俗することができるのか!?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    聖女
    無神論者
    御遣い
    マリア
    シスター・カトリーヌ
    次期聖女候補
    聖女サマ
    修道院
    次代
    小人
    聖女様
    叔父
    女神
    正直二頭身

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち