うちに来た家政婦が通称『女神様』で、何故か一方的に愛され”すぎていた”件について。 (外部サイトで読む

月並 瑠花

昨日、父からメールが来た。
どうやらうちで家政婦を雇うことになったらしい。
両親共に海外で仕事しており、おそらく高校生の僕の生活を心配してこその提案だと思う。
それに家政婦の人はもう決まっているらしい。父の大事な友人の娘さんらしい。
可愛い女の子だったり、なんて期待を膨らませつつ、僕は玄関の扉を開けた。


「栞田、さん……だよね?」

だがその期待はある意味大きく外れた。そこにいたのはクラスメイトで通称『女神様』の栞田あかねだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    家政婦
    クラスメイト
    通称
    栞田あかね
    女神様
    両親共に海外
    期待
    娘さん
    可愛い女の子
    高校生
    うち
    玄関
    友人
    メール
    意味
    生活

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • 雲と空
  • 愛着のあるオタクグッズをそんなに簡単に手放してしまうのか、と思いつつも文章は読みやすいし、続きが気になります。通称女神様なんて、どんな性格なんだろう。これから起こるシチュエーションに妄……いや、想像が膨らみます。
  • 2019年10月06日 07:29

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち