智考進は、世界を救えるか? (外部サイトで読む

ハリマオ65

智考進は理科大化学科に入り水の電気分解で水素を取り出す研究をした。
水の電気分解による水素合成研究を続け触媒の種類を変え、反応温度、
気圧、水のPHを変え実験を何回も繰り返した。その後、教授の紹介で
JXHDを紹介され入社。その後、水素研究の第一人者山田部長と共に
NEDOメンバーになった。ある共同研究で特殊な触媒上で低温かつ
世界最高級の速度で1日に100トン規模のアンモニア合成プラントに
成功。更に別の研究でアンモニアから高効率に水素を取り出せる低コスト
な製造装置を開発。この2つで製造コストが千分の1に下がる。
 智考進は2つ研究チームを訪問し話合いに参加し・・・。
この小説は、アルファポリス、星空文庫と重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    アンモニア
    水素
    智考進
    理科大化学科
    触媒
    アンモニア合成プラント
    電気分解
    第一人者山田部長
    話合い
    NEDOメンバー
    JXHD
    水素合成研究
    星空文庫
    製造コスト
    水素研究
    製造装置
    気圧
    重複
    低コスト

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち