悪役令嬢(予定)らしいけど、私はお菓子が食べたい~ブロックスキルで穏やかな人生目指します~ (外部サイトで読む

奏多

黒い噂のある伯爵家の令嬢だからと、孤立しているリネア。
あげく婚約者は学院の召使いにご執心で……リネアは今後を思い、絶望していた。
けれど誕生日にもらった花菓子を食べてから、世界は一変。
変なスキル「ブロック」を手に入れる。
自分への悪口もシャットアウト! 特定人物も自分に近づけなくなる!
これはいい!と穏やかな暮らしを手に入れたリネアだったけど、気になる夢は見るし、なかなか婚約解消もできなくて……。
そこで協力してくれたのは、お菓子をくれた公爵とその騎士だったのだが。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    リネア
    シャットアウト
    ご執心
    あげく婚約者
    召使い
    悪役令嬢
    お菓子
    ブロックスキル
    公爵
    婚約解消
    特定人物
    一変
    騎士
    悪口
    学院
    伯爵家
    黒い噂
    花菓子
    暮らし
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち