聖弾の射手~会社が潰れたので異世界銃士に転職します~ (外部サイトで読む

平尾正和/hilao

――まさ会社が潰れるとは思いませんでしたよ

3日ほど前、賢人(けんと)の勤めていた会社が潰れた

――1階の中華料理屋でガス爆発だって?

しかも物理的に

仕方がないので賢人は祖母の住む実家へ帰ることにした
そこで賢人は、実家の土地を生前贈与されることになったが、権利書に見覚えのない番地が記載されていた

――気になるのかい? だったら見に行けばいいじゃないか

準備を整えて出かけようとしたところ、なぜか祖母からは祖父の形見のスーツを着て、防災バッグを持っていくようにいわれた
よくわからないまま見知らぬ土地に入ると、そこには妙にきれいな石柱があり、その上にパーカッションロック式の短筒(たんづつ)――拳銃タイプのマスケット銃――が置かれていた

――うぉっ!? まぶしっ……!

その短筒を手に取った瞬間、あたりは光りに包まれ、賢人は異世界に飛ばされた

飛ばされた先で黒猫獣人の冒険者ルーシーと出会った賢人は、彼女と行動を共にすることとなる
彼が手に入れた短筒は、魔物にのみ絶大な効果を発揮する《聖》属性の弾丸《聖弾》を発射できるものだった

ルーシーとともに活動していた賢人は、あるとき別の冒険者に襲われた
人間に対して効果を発揮しない短筒では応戦できず、かなりの苦戦を強いられた賢人は、危機を脱したあと、《聖弾》以外の攻撃手段が必要だと考えるようになった
そしてひょんなことから元の世界に帰れることが判明し、新たな攻撃手段として拳銃を手に入れることを決意するのだった

一方、賢人の会社が潰れる原因となった、オフィスビル1階中華料理店のガス爆発事故を、県警資料課の美子(よしこ)は部下とともに調べていた。

――LPガスのボンベが爆発したんッスよね?
――店のど真ん中にガスボンベを置く料理店がどこにある?

店舗中央を爆心地としてボロボロになった店内を見回しながら、美子はどうやらこの件が自分たち資料課――通称『死霊課』の案件であると確信する

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    短筒
    賢人
    美子
    聖弾
    ガスボンベ
    拳銃
    冒険者ルーシー
    異世界銃士
    ガス爆発
    攻撃手段
    権利書
    祖母
    黒猫獣人
    パーカッションロック式
    マスケット銃
    けんと
    よしこ
    土地
    射手
    石柱

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち