千葉の海人 (外部サイトで読む

ハリマオ65

木下信夫は千葉の海辺で生まれ、親に金を借りて株投資を
はじめた。千葉大卒業後、三菱銀行に入行し同僚の和美さん
と結婚し働き販売ノルマが厳しくストレスで体調を崩した。
そして、株で儲けもあり早期退職し療養し徐々に体調が
回復した。2010年には信夫の腎臓病がわかり母の好意
で腎臓提供を受けた。

 その後、中学時代の柔道のライバル佐藤健介に偶然会い、
困っている事を知り、知り合いの木谷建設に就職口を斡旋した。
やがて成功し木下が社長になり順調に経営、社長の座を佐藤健介
にゆずる。和美さんと信夫は晴耕雨読の隠居生活をはじめて、
夫婦仲良く長生きしていく。是非、ご覧下さい

この作品はアルファポリス、カクヨム、星空文庫に重複掲載
しています

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    和美
    アルファポリス
    信夫
    就職口
    晴耕雨読
    ライバル佐藤健介
    木下信夫
    株投資
    腎臓病
    ヨム
    木谷建設
    夫婦仲
    働き販売ノルマ
    千葉大卒業後
    海人
    社長
    星空文庫
    腎臓提供
    隠居生活
    三菱銀行

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち