隣に住む学校一の美少女にオレの胃袋が掴まれている件 (外部サイトで読む

延野 正行

新米教師の玄蕃シンイチは、ある時部屋に出てきた小さな小蜘蛛に困っていたお隣さんを助ける。
実はそのお隣さんは教え子の白宮このりであった。学校でも噂が立つほど、才色兼備のお嬢さまのこのりは、とある理由から1人暮らしを始めていたのだが、寂しさで心が折れそうになっていた。

そんなこのりを見て、シンイチは一緒にご飯を食うことを提案し、立ち上がらせる。

「だから、先生――。毎晩、うちでご飯を食べに来てくれませんか?」

教師と教え子という手前悩んだが、シンイチはOKしてしまう。

しかも最初はご飯を食べるだけだったが、このりのご飯は意外とおいしく、いつの間にか学校でもこのりとご飯を食べるようになってしまって……。

この物語は、教え子に胃袋を掴まれた新米教師のお話である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    このり
    シンイチ
    教え子
    玄蕃シンイチ
    新米教師
    お隣さん
    才色兼備
    胃袋
    学校一
    お嬢さま
    ご飯
    白宮このり
    美少女
    小蜘蛛
    毎晩
    オレ
    手前
    物語
    1人暮らし
    理由

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち