龍馬の愛した打ち上げ花火 (外部サイトで読む

上下左右

「僕は坂本龍馬が嫌いだ」

 主人公のそんな言葉が発端となり、彼は学園一の美少女と仲良くなるが、彼女には二つの秘密が隠されていた。一つは不治の病に侵されていて残された時間が短いこと、そしてもう一つは彼女が坂本龍馬の血を引く子孫だということだ。

 彼女には龍馬に関する謎が遺言として与えられていた。その謎を解くまでは死ねないと、主人公に協力を申し出る。

 二人は坂本龍馬がどのように波乱の幕末を過ごしたのかを知るための旅に出る。寺田屋事件や薩長同盟を経て、彼が如何にして維新を実現したのかを知っていく。そしてその中で次第に龍馬が残した秘密が明らかになっていく。

 本作は幕末の歴史を辿りながら、ヒロインとの青春恋愛を楽しむ歴史ラブコメ小説です

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    坂本龍馬
    打ち上げ花火
    幕末
    主人公
    薩長同盟
    歴史ラブコメ小説
    彼女
    不治
    ヒロイン
    寺田屋事件
    美少女
    遺言
    発端
    もう一つ
    子孫
    青春恋愛
    本作
    維新
    二つ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち