清川村の竜二 (外部サイトで読む

ハリマオ65

竜二は清川村で生まれ、野生児の様に育った。ある日の農家の倉庫の修理
を依頼されて土壁を塗る時、土の下の鉄の蓋に気づき開けると麻袋に楕円
の硬い物が見つかり水で洗うと小判。その晩、闇夜に紛れて実家のある
場所に隠した。その後、釣り客、加藤優造を船に乗りアユを釣らせ休憩時
、彼が横笛を吹き優しい音色に聞き惚れた。小判の事を相談すると優造さん
が小判2枚を東京に売りに行き120万円を渡した。そして株投資など
の話を教えた。竜二は18歳で免許を取り宅配の仕事を開始。ある冬の日、
竜二は彼女とで会い結婚。優造も勉強教えた女性と結婚し投資で財をなす。
後年、癌が。波瀾万丈の小説。アルファポリスに重複投稿。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    優造
    アルファポリス
    竜二
    清川村
    小判
    加藤優造
    釣り客
    野生児
    株投資
    麻袋
    横笛
    土壁
    後年
    闇夜
    楕円
    優しい音色
    アユ
    重複投稿
    宅配
    農家

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち