一発屋・夢子 (外部サイトで読む

ハリマオ65

十津川和子は、津軽三味線、民謡教室の家の末っ子で
誕生し美しい高音は村では評判になった。童謡コンクール
で数々の賞を取った。しかしポップスが一番好きで
プレスリー、ビートルズを聞いていた。

そして作詞、作曲の才能もあり自分で曲を書き始め、
中学1年の春、父にギターを買ってもらい弾き語りの
練習をし何曲かの歌も作った。その後、東京の芸能人
が多く通う高校に入り芸能プロに送り音楽担当者に
見てもらった。

 音楽担当の芝山に才能を認められて彼女の3曲を
選び売り出し有線放送に出すと「海鳴りの港」が
演歌とフォークが融合したような曲で若者中心に
人気となった。

 その後、TBS歌謡番組にゲスト出演し話題性
を評価されNHK紅白歌合戦に初出場果たしたが
、その時期、ピンクレディーが出て、いっぺんに
人気そ取られ1年半で名前を忘れ去られ芸能プロ
も解雇され、その後、苦難の道・・・。

これ以降は、読んでのお楽しみです、

この小説はアルファポリス・小説家になろう
に重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    NHK紅白歌合戦
    ピンクレディー
    売り出し有線放送
    プレスリー
    十津川和子
    海鳴り
    童謡コンクール
    芸能プロ
    津軽三味線
    ビートルズ
    一発屋
    才能
    ポップス
    話題性
    芝山
    弾き語り
    初出場
    夢子
    小説家

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち