恋だけがそれを知っている (外部サイトで読む

羽田宇佐

「ただ付き合ってくれるだけでいいの。私が好きだって言ったら、鈴木さんも好きだって返す。そういう関係になって欲しいだけ。簡単でしょ?」
 茜色に染まった教室で、苦手なクラスメイト“柴田鈴”からの告白。話をしたことなんて数えるくらいで接点もない彼女のことは嫌いではないが、好きでもない。けれど、できれば近寄りたくない人間に分類される。
「何もしないって約束する」
 前触れもなく突きつけられた約束から、鈴木晶の何もしない恋がはじまる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    鈴木
    クラスメイト
    前触れ
    茜色
    鈴木晶
    柴田鈴
    接点
    告白
    約束
    教室
    彼女
    関係
    人間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち