伊藤家の忘れ形見 (外部サイトで読む

ハリマオ65

名門のでの伊藤史郎は、226事件で犠牲になった
伊藤広重侯爵の家の子供、伊藤和子の息子だ。
しかし伊藤家の血筋も戦後、伊藤史郎が名門
・伊藤家の忘れ形見となった。

 戦災を逃れて信州・松本に疎開して、厳しい
教育を受け、信州の名門・松本深志高校から
東大建築学部へ進学した。その後、以前、伊藤家の
金庫番をしていた山本和夫から伊藤家の財産をスイス
の銀行に金塊50Kgとして預けてあると話を聞き、
伊藤家の全財産を相続する事になった。 

  その後、史郎はゼネコンに入社、多くの
経験を積み、65歳で定年退職を迎えた。
その後、東京湾・第二アクアラインの計画
が遅れたものの、2019年に完成し、その後、
首都圏の多くの高齢者問題の対策のメンバーとして、
その後、首都圏・老人問題協議会のメンバーに就任
して、1級建築士としていろんなアイディアを出して、
この問題解決に奮闘していった。

協議会で老朽化してゴーストタウン化している
ニュータウンの手直や空きや対策でで40万人分
の住居が確保できる事を調べた。

 更に、低年金生活者のために入居しやすい様に
法律改正を提案して、大活躍していく・・・。
これ以降は、是非、この小説をご覧下さい。

この作品はアルファポリス、ツギクル、カクヨム
星空文庫に重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    忘れ形見
    伊藤史郎
    ツギクル
    山本和夫
    伊藤家
    名門
    首都圏
    伊藤広重侯爵
    金庫番
    ニュータウン
    信州
    ゼネコン
    手直
    松本深志高校
    ヨム
    低年金生活者
    東大建築学部
    ゴーストタウン化
    アイディア

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち