相模国の土志田勇 (外部サイトで読む

ハリマオ65

土志田勇は相模原市川尻で生まれ広い土地を持ちキノコやタケノコ
、米を植え山菜を採り食糧難の時代にも食べるものに困らず裕福に
育った。米山種子は両親は共働きの家庭で一人っ子として生まれた。
 米山種子は近くの信用金庫に就職したが計算が合わない日は帰りが
遅くなるので嫌になり両親の働く会社でセールスレディを始めた。
 母の仕事ぶりを見て愛想が良くし可愛い顔でも注文をしっかり取れ
、セールス実績を上げていった。
 一方の土志田勇は卒業後、日本電信電話公社に採用されの種子の家
から近い事務所に通った。仕事が早く終わると種子の家に寄り夕食を
ご馳走になったりし種子の両親とも仲良くなった。土志田恒夫は日本株
を売買し小金を貯め、土志田勇が父の恒夫に日本株で儲けたいと言い、
ソニー、トヨタ株を奨められた。勇はソニーとトヨタの株価を注視
し、安いと思うと買い始めた。土志田勇と種子は結婚し2子作った。
その後、腎臓の弱い種子の父、米山建男が人工透析を始め土志田恒夫
の優しさで2家族仲良くなり米山建男の死後も、面倒を見た。
死後も旅行したりして人生を楽しんだ。是非、本編をご覧下さい。
なお、この作品はアルファポリスに重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    土志田勇
    土志田恒夫
    アルファポリス
    米山種子
    日本株
    セールス
    日本電信電話公社
    ソニー
    相模原市川尻
    死後
    トヨタ
    人工透析
    食糧難
    両親
    仕事ぶり
    信用金庫
    2家族仲良くなり米山建男
    一人っ子
    タケノコ
    セールス実績

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち