成り上がり1:青雲編 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 祖父、北島一郎が茨城県土浦市の貧農の家で生まれ頭も良く
計算が速く手先が器用で実家から近い霞ヶ浦飛行場で予科練に
入隊し日本発の飛行船の機関士になったが1924年3月に
飛行船の発火爆発事故で亡くなった。その時、奥さんには
北島一郎の長男、敬一を宿していて6月に北島敬一が生まれたが
父・北島一郎と会えなかった。その後も事情があり奥さんは
北島一郎の弟と再婚して6人の子供を作った。村下敬一は父
の様に聡明ではなく尋常小学校を出て農家を手伝い18歳の時
、海軍に招集されたが江田島へ行く途中、敵機の攻撃で太ももに
大怪我を負って実家に戻り21歳の時、近くの農家の池田絹恵
と結婚し子供を儲けたが貧しい農家、食料の少ない時代で極度
の栄養失調で生まれた長女は死産だった。2年後に、再び妊娠し、栄養
に気をつけて無事、男の子出産した。それが、主人公の北島治だった。
その後、貧乏で子沢山の農家で暮らすことができないと判断し上京し、
橫浜で新たな生活をはじめた。その後のオイルショック、バブル
大きな時代の流れに翻弄されながら進学、就職して多くの
人生経験を積む。
*高専を卒業、田舎の工場で地元農家集まり・4H農協の株組織
に入り遊びまくる。勤務した工場では妻子持ち同士の駈け落ち事件
、工場にヤクザ者が流れてきて働かせろ言い力仕事をやらせて仲良く
なったが年の瀬にヤクザの追ってが来て、借金を踏み倒し夜逃げ、
お見合いさせられる騒動、納品先の工場倒産を前もって銀行からの
情報で納品した商品を引き上げたり、若くてプリンプリンの女の子
の家庭教師での事件など、波乱万丈の3年を終え、世の中オイル・
ショックの未曾有の不況、結婚を考えるとこんな会社にいちゃいけない
と工場長が言い、北島治に不景気に強い製薬企業への転職を進め、
工場長が独断で推薦状を書いてくれ、大学卒の条件にもかかわらず、
3年の企業経験を評価してくれ大卒者と同じ試験を受け
優良製薬企業に無事・合格。
1:青雲編(誕生から高専卒業、優良企業就職まで)
2:営業編(新人プロパー時代)
3:信州転勤編(松本転勤で信大担当、絶好調時)
4:首都圏編(訳あり、首都圏へ転勤での騒動)
5:退職後編(働き過ぎ身体壊し早期退職後、奮闘記)

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち