村娘ジェンナの望まぬ英雄譚 ~謎スキル『スキップ』で雑魚狩りしてたら強くなりすぎました~ (外部サイトで読む

長尾 隆生

 謎スキル『スキップ』を十歳の洗礼で与えられた村娘ジェンナ。
 使い方もわからないゴミスキルだったが、偶然その力が判明する。
 それは戦いを一瞬で『スキップ』させることが出来る力だったのだ。
 その後、調子に乗ってダンジョンに挑むも『スキップ』が最弱魔獣ローゴブにしか効果がない事を知った彼女は、落胆しつつも自らの夢のマイホーム資金を貯めるためにダンジョンの周辺にある森でローゴブだけを狩り続けた結果――。

「えっ、私のレベル高すぎ……」
「スキルを使う時には正体を隠さないと、その力を悪用されかねん。さぁこの魔道具で男に『変身』するのじゃ! そして町を守るのじゃ!」
「男の子に変身したけどこの変な仮面なによ!」
「かっこいいじゃろ?」

 これは知らぬ間に強力な力を得てしまった村娘ジェンナが、自らの力を隠すため男装する羽目になり、やがて仮面の聖騎士と呼ばれ伝説となるまでの物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    スキップ
    村娘ジェンナ
    ダンジョン
    最弱魔獣ローゴブ
    英雄譚
    謎スキル
    仮面
    知らぬ間
    マイホーム資金
    雑魚狩り
    自ら
    ゴミスキル
    聖騎士
    洗礼
    仮面なに
    魔道具
    羽目
    レベル高すぎ
    正体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち