「金の卵」の大冒険 (外部サイトで読む

ハリマオ65

1970年、日本は景気が良く中学卒業者が「金の卵」
と言われた。主人公の犬山重臣は山梨県で1954年
小さい時からソロバンを習っていて大会で優勝するほど
の腕を持っていた。そのため、犬山重臣もソロバン
の達人になり数学、計算の速さは群を抜いていた。

 そこで集団就職の時、中卒でイトーヨーカ堂の経理部
に採用され働き始めた。その後、縁あって武蔵野の名門の
木下家の娘さんと結婚し彼の心の優しさで多くの友人が
出来た。やがて木下家の両親が亡くなり犬山重臣が木下家
に入り裕福でない実の姉の吉田夫妻を住まわせ、困って
いる友人、知人を住まわせた

 マレーシアで世話になった木島夫妻が実の子供との
諍いで住む所に困っている事を聞き呼び寄せた。
そして大きな木下家で合計8人の共同生活を始めた。
その後、年月が経ち義理の父母が亡くなり高齢の仲間が
病に倒れたり、幾多の試練と困難を乗り越えていく、
生き様を描いた小説です。是非、ご覧下さい。

この作品は小説家になろう、アルファポリスに
重複掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    犬山重臣
    ソロバン
    木下家
    イトーヨーカ堂
    木島夫妻
    中学卒業者
    マレーシア
    諍い
    生き様
    武蔵野
    小説家
    吉田夫妻
    中卒
    山梨県
    友人
    名門
    集団就職
    重複
    父母

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち