無頼・証券マン、哲二 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 小田哲二は1949年生まれ父親の顔は知らず一番昔の思い出は、
菓子屋の陳列棚だった。その理由は母が希望せずに妊娠して生まれてきて
世話ができないので親切な駄菓子屋の、おばあさんに母の小田照子さんが
預けて飲み屋で働いていたからだ。

 店番して計算が早く大人と話すのが上手になり、小、中学でも優秀な
成績で近所の名門都立高校に合格して東大をめざし昔の受験問題を必死
に解き東大に合格した。

 その後、母が飲み屋の常連さんと駈け落ちしアメリカへ行った。
 その時、抑えきれない怒りの感情が爆発したが、おばあちゃん
がなだめてくれ、落ち着いた。そんな、ある晩、店に帰ると、
大勢の人集り、何かあったなと思い店に入ると、おばんちゃんが
倒れており既に息絶えていた。その後、商工会の会長の計らいで、
店を売り、お金が哲二に入った。


その後、中学時代の彼女と結婚し、子供が出来、新しい生活を始め
、日本の成長期で株で儲けた。勤めた証券会社が危ないと言う情報
を知り、退職。その後、自分も投資は始め、以前の上客に情報を提供
しバックマージンをもらい財産を作る。

その後の幾多の困難、出来事を経て人生の後半のステージへを歩んで
いくというストーリーです。是非、ご覧下さい。なお、この作品は
小説になろう、アルファポリスに重複掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    小田照子
    おばあさん
    哲二
    おばん
    飲み屋
    証券マン
    小田哲二
    人集り
    常連
    東大
    陳列棚
    バックマージン
    駄菓子屋
    上客
    名門都立高校
    計らい
    商工会
    中学
    成長期

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち