Pain Flowers 橋の下のポラリス

藍澤李色

の橋の下に行けば『痛み』を何でもひとつ、捨てることができる。
都市伝説にもなりきれない、曖昧で不確かな噂話。

その橋の下にいるのは、一人の少年と一匹のクマのぬいぐるみ。
『痛み』とは何か? 哲学的な命題について語り合いながら、今日も誰かの『痛み』で花を咲かせる。
何故知らないのかも知らずに、何故知っているのかも知らずに。

******************

大昔に書いた青春系短編連作のリメイク(というか設定を含めて全部書き直し)です。
青春時代の痛さをテーマにしているので、自分でも書いてて黒歴史がえぐれる程度にはイタい・重い・辛いの三重奏です。

※NOVELDAYSで公開済みの作品です

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    Pain Flowers
    命題
    青春時代
    公開済み
    クマ
    黒歴史
    少年
    ひとつ
    NOVELDAYS
    誰か
    青春系短編連作
    ポラリス
    全部書き直し
    ぬいぐるみ
    リメイク
    噂話
    イタ
    都市伝説
    大昔

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち