楽しいサッカークラブのつくり方 (外部サイトで読む

カミサキハル

「だ、だったらサッカークラブ、つくりませんか?」
高校一年生になったばかりの四月。入る予定だった地元のサッカークラブが解散し、途方にくれていた時に発した藍那(あいな)の言葉だった。
「いいわよ」
「賛成だよー」
その言葉に応じたのは藍那と同じように困っていた千佳(ちか)とみさき。二人もサッカーをするならば、と藍那の考えに同意した。

それが物語の始まり。

これは「サッカーをしたい」と思った女子高生三人が集まり動きだした青春三年間の物語。

小説家になろうでも投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    藍那
    千佳
    途方
    みさき
    賛成
    サッカー
    だったらサッカークラブ
    サッカークラブ
    物語
    地元
    楽しいサッカークラブ
    小説家
    つくり方
    青春三年間
    言葉
    高校一年生
    女子高生三人
    二人
    四月

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち