雨のハンカチ (外部サイトで読む

来栖 春光

 高校生である「俺」はいつも自宅から学校まで、自転車で通っている。だが、梅雨の日は電車で通うことにした。
 すると、「見知った他人」と偶然にも再開を果たすが、彼女との会話はない。
 そういえば、彼女との出会いも、こんな大雨だった・・・・・・。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハンカチ
    彼女
    高校生
    大雨
    出会い
    自転車
    梅雨
    再開
    他人
    会話
    自宅
    電車
    学校

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

この作品は「https://reikoblog.com/?p=373」にも掲載しています。