Say!天缶! (外部サイトで読む

信条

無色透明の味気ない生活を送る居酒屋パートタイマーの青年〝甘巻誠磨〟。

彼が生誕して23年目の初夏、サボり魔達の代わりを務めて働き過ぎたツケにより一番忙しい週末3日間を先輩の命令で休まされる。

そんな幸先の悪さに早くも夏を諦めたが、昼間に目覚めた途端テーブルの上にある一点へと目線が吸い寄せられる。
その先には買った覚えのない、極彩色な柄で食欲が湧かない謎の缶詰1つが置かれていた。

恐る恐る開封すると、そこから謎の人体らしきモノが質量保存の法則を無視して誠磨に目掛けて飛び出すーー

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    青年〝甘巻誠磨
    居酒屋パートタイマー
    無色透明
    極彩色
    飛び出すー
    味気ない生活
    途端テーブル
    質量保存
    幸先
    ツケ
    人体
    初夏
    悪さ
    命令
    法則
    代わり
    忙しい週末3日間
    目線
    天缶

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

【缶詰少女の記憶を巡る日常ファンタジー小説】「Say!天缶!」更新しました!

※毎週金曜日20時更新(9月8日以降は多忙により暫し不定期更新)

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

8月20日のコンテスト〝 オールジャンル〟へ応募する為に登録しました。

毎週金曜日の20時更新で、9月からは多忙により定期更新は厳しいですがストックしながら不定期投稿していく予定です。

タイトルからして敬遠されそうですが、中身は至って真面目です!(