司令官さま、絶賛失恋中の私を口説くのはやめてください! (外部サイトで読む

茂栖もす

私、シンシア・カミュレは、つい先日失恋をした。…………しかも、相手には『え?俺たち付き合ってたの!?』と言われる始末。

もうイケメンなんて大っ嫌いっ。こうなったら山に籠ってひっそり生きてやるっ。

そんな自暴自棄になっていた私に母は言った。『山に籠るより、働いてくれ』と。そして私は言い返した『ここに採用されなかったら、山に引き籠ってやるっ』と。

…………その結果、私は採用されてしまった。

ちなみに私が働く職場は、街の外れにある謎の軍事施設。しかも何故か司令官様の秘書ときたもんだ。

そんな謎の司令官様は、これまた謎だけれど私をガンガン口説いてくる。



いやいやいやいや。私、もうイケメンの言うことなんて何一つ信じませんから!!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シンシア・カミュレ
    司令官
    軍事施設
    司令官様
    イケメン
    いやいやいやいや
    司令官さま
    絶賛失恋中
    秘書
    始末
    外れ
    職場
    大っ嫌
    俺たち
    相手
    結果

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
★と感想

★を贈る

星を選択して「いいね!」ボタンを押してください。投票後、「いいね!を取り消す」ボタンを押せばいいね!を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち