星屑オペラッタ ~わすれな姫は、若さを手にした賢者様に甘やかされる~ (外部サイトで読む

境 美和

 ある王国の西の孤島には、国立図書館が聳え立つ。

 その最上階に棲みつく総館長付の助手を一番長く務めるのは、絶対記憶脳持ち、女神様の血の落ちこぼれ姫。

 彼女を助手とするのは、自分の脳の劣化を厭って異世界に行き、若返って帰ってきた風変わりな異人の知恵者。

 ふたりの想いは、それぞれ微妙にずれていた。

嫉妬相手は植物や宇宙。
はたまた黒カビ菌糸類。


 これは、そんな彼らが想いを告白し、健全にスレスレに。
互いを確かめ合うまでの物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    嫉妬相手
    星屑オペラッタ
    異人
    孤島
    互い
    落ちこぼれ姫
    助手
    最上階
    黒カビ菌糸類
    王国
    劣化
    総館長付
    彼ら
    宇宙
    植物
    国立図書館
    記憶脳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち