竜騎士だけど、バハムートに一目惚れされた件について (外部サイトで読む

深山鈴

 英雄になることを夢見る少年アルト・エステニアは、竜騎士を育成する学院に入学した。しかし、貴族に目をつけられたことでいじめられてしまう。周囲は見て見ぬ振り、教師も見て見ぬ振り。肉体的にも精神的にも疲弊してしまうアルトだけど……ある日、とある女の子と出会い、一目惚れされてしまう。女の子……ユスティーナは、アルトを追いかけて学院に入学すると、全校生徒の前で宣言する。「これからは、ボクがアルトの騎竜になってあげるからね!」。ユスティーナの正体は、神竜バハムートが変身した姿だった。その日を堺に、アルトの生活は一変する。国を簡単に滅ぼすことができるユスティーナに、貴族の権力なんてものは通用しない。ユスティーナはアルトに絡む貴族を蹴散らして、ついでに腐った教師たちも蹴散らす。全ては大好きなアルトのために。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ユスティーナ
    アルト
    竜騎士
    貴族
    学院
    神竜バハムート
    教師
    少年アルト・エステニア
    女の子
    全校生徒
    騎竜
    英雄
    権力
    正体
    教師たち
    ボク
    周囲
    振り
    全て

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち