なくしたイヤリング (外部サイトで読む

春都成

大学生の僕と幼馴染の悦ちゃんが久々に一緒に昼食を食べる時の話。
 会って話さなければわからない変化がそこにはあった。
 
 悦ちゃんがイヤリングをなくしてしばらく経ったあと、再会したときに、主人公がなにを思うのか。
 それについてのお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    悦ちゃん
    イヤリング
    幼馴染
    大学生
    主人公
    昼食
    変化
    なに
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

 この物語は、ロシア文学の授業で学んだ描写の仕方や構成の仕方を織り交ぜて書いた作品です。

 間に空白の期間があるところや、認識せずして語るなど。

 切ないところもたくさんありますが、最後に、温かい気持ちになっていただければ幸いです。