魔王がオオアリクイに倒されたので、最強の魔導師は劣等職の錬金術師になるようです。 (外部サイトで読む

えぞぎんぎつね

 魔法の天才ラウルは、五歳の時に最強の魔導師でもある父の魔王がオオアリクイに敗れたことにショックを受ける。

 素材が必要なうえ効果も微妙な錬金術は、素材なしで色々できる魔法の下位互換。
 そう言った風潮を気にせずに、錬金術を真面目に練習するラウルだったが、住んでいる魔王城の周辺は過酷そのもの。
 通常では考えられないほどの凶悪な魔物が跋扈する魔境であった。

 魔王城の神代の書物で錬金術を学び、魔王城周辺の隔絶した環境で魔物を倒し材料採取しているうちにラウルは規格外の錬金術の技術を身に着ける。

 だが、心配した父母姉から、
「ラウルは弱いのだから、油断してはいけません」
 と言われ続けたラウルは自分は弱いと思い込む。

 15歳となり魔王となったラウルは、他国の錬金術師に弟子入りするため、魔王城周辺に比べれば平穏そのものな大都市に向けて旅立つのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    オオアリクイ
    ラウル
    錬金術師
    魔王城周辺
    魔導師
    魔物
    天才ラウル
    規格外
    下位互換
    劣等職
    魔境
    魔法
    最強
    神代
    素材
    書物
    風潮
    父母姉
    他国
    うえ効果

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち