特盛り魔道具で異世界ぶらり旅 (外部サイトで読む

謙虚なサークル

ごく普通の会社員である俺、羽村幸隆は会社帰りにいきなり異世界に迷い込んでしまう。
右も左もわからず森を彷徨っていた俺を助けてくれたのは大魔女マーリンを名乗るばあさんだった。
世話になった礼にと色々身の回りの世話をしていたが、ある日ばあさんは倒れ、この世を去ってしまう。
残されたのは大量の魔道具と一匹の使い魔。
これだけの魔道具があれば、俺でもこの世界で生きていけそうだ。
美味いもん食べて、変なものを見て、ぶらぶらと旅をしてみるのもいいかもな。
俺は特盛りの魔道具と共に、気ままな旅へ赴くのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ばあさん
    特盛り
    異世界
    羽村幸隆
    世話
    特盛り魔道具
    使い魔
    異世界ぶらり旅
    大魔女マーリン
    身の回り
    会社員
    この世
    これだけ
    会社帰り
    一匹

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち