水茎はわらいなく (外部サイトで読む

こゆきは

世界のいずこに棲む者も。いつの時に立つ者も。
誰かと、何かと、通じ合わねば生きてはいけない。
彼方から此方へ。此方から彼方へ。思いは言葉となり、文字となる。
時には紙に、或いは布に。樹木を削って、文は書かれる。
形は届けども、心まで届くや否や。それは悠久の先まで、誰にも解き明かせない。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    此方
    彼方
    水茎
    いずこ
    樹木
    文字
    言葉
    世界
    思い

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

ありがとうございます。