平凡の中の平凡は、実は最強です。~誰にも記憶されない暗殺者~ (外部サイトで読む

あざね

 ――最高の暗殺者の条件とは何か。
 その答えの一つに、平凡であることがある。

 アキト・ヒイラギは、その点でいえば最強の暗殺者だった。戦闘能力もさることながら、あまりに『平凡』であるその容姿は、誰の記憶にも残らないのだから。
 彼は『A』と名乗り、学生生活の傍ら依頼をこなす日々を送っていた。

 そんな彼のもとに一つの特殊な依頼が舞い込む。
 それは、王都ガリアの王女を護衛するという内容だった。


 これは最高の暗殺者である少年の物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    暗殺者
    王都ガリア
    アキト・ヒイラギ
    最強
    傍ら依頼
    王女
    戦闘能力
    一つ
    容姿
    学生生活
    少年
    もと
    条件
    答え
    記憶
    日々
    内容
    A

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち