「毎日5分の片想いから始まる、1億年に1人の超絶美少女とのピュアピュアで甘々な恋物語」 (外部サイトで読む

木本真夜

今まで色恋沙汰とは無縁だった上、高校から男子校に入学することになった樋山秀次は入学式に向かう電車で同じ車両に乗り合せた女の子に一目惚れをする。
一瞬で恋に落ちた秀次曰く、ダークブロンドの髪を風に揺らし、端正な顔つきに碧眼の瞳を備えた彼女は1億年に1人の超絶美少女。
そんな高嶺の花相手に恋愛経験が無い秀次はただひたすら覗き見るしかできなかったが、4か月の時を経て遂に毎日たった5分同じ空間を共有するだけの関係に転機が訪れ……?

お互い名前すら知らなかった男女が長い時を重ねて徐々に想いを深めていく……そんな甘酸っぱく、じれったい等身大の高校生たちの恋模様を綴った作品です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    超絶美少女
    樋山秀次
    じれったい等身大
    色恋沙汰
    秀次曰く
    恋物語
    男子校
    高嶺の花相手
    碧眼
    無い秀次
    片想い
    顔つき
    一目惚れ
    転機
    無縁
    お互い名前
    恋愛経験
    入学式
    恋模様
    高校生たち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち