お父さん、異世界でバイクに乗る〜妻を訪ねて娘と一緒に〜 (外部サイトで読む

さとう

 私の父は、冴えないサラリーマンです。
 お母さんを亡くし、男手一つで私を育ててくれました。
 お母さんが死んで10年、私は16歳、お父さんは38歳になりました。
 でも、私は知っています。お父さんは、お母さんが死んでから、ずっと心で泣いていることを。

 そして今日……私とお父さんは、交通事故で死にました。

 でも、私とお父さんは······生きています。
 異世界に転移し、神様からチートな能力をもらったのですが······お父さんが神様に望んだのは、バイクでした。
 私みたいな『大魔導師』じゃなくて、異世界に広がる大草原をバイクで走ってみたい、そう言ってバイクにしたんです。
 でも、本当に驚いたことがありました。

 私のお母さん、お父さんの奥さんは、日本で亡くなってから、この異世界で転生して生きているというのです。

 これは、妻を失い立ち直れない父と、そんな父を見て育った娘の、転生した妻を探す旅。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    お父さん
    お母さん
    バイク
    チート
    神様
    サラリーマン
    男手一つ
    大魔導師
    奥さん
    交通事故
    大草原
    能力
    日本
    38歳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち