俺の店の屋根裏がいろんな異世界ダンジョンの安全地帯らしいから、握り飯を差し入れてる (外部サイトで読む

網野ホウ

俺、畑中幸司。
過疎化が進む雪国の田舎町の雑貨屋をしてる。
来客が少ないこの店なんだが、その屋根裏では人間じゃない人達でいつも賑わってる。
賑わってるって言うか……祖母ちゃんの頼みで引き継いだ、握り飯の差し入れの仕事が半端ない。
食費もかかるんだが、そんなある日、エルフの女の子が手伝いを申し出て……。

まぁ退屈しない日常、おくってるよ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    雪国
    握り飯
    屋根裏
    祖母ちゃん
    異世界ダンジョン
    畑中幸司
    安全地帯
    田舎町
    エルフ
    差し入れ
    手伝い
    食費
    来客
    過疎化
    頼み
    雑貨屋
    女の子
    少ないこの店
    日常

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち