きりん

マツダシバコ

きりんは僕の通う店にいた。「首が長いからきりん。そう覚えてね」彼女は言った。彼女の願いは叶えられた。けれど、願いが叶い過ぎた彼女は不安を抱えている。彼女は心配のあまり深刻な不眠症だった。僕は間もなく死を迎えようとしている。築き上げた莫大な財産に意味がなくなるのだ。
最後に僕らが望んだのは、ささやかなもの。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    きりん
    彼女
    不眠症
    願い
    財産
    僕ら
    心配
    意味
    最後

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

きりん

きりん
更新日:2019年07月09日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち