屋上に始まり、終わるセカイ (外部サイトで読む

野良ガエル


 小説において、主人公は自らが主人公であることを知らず、ヒロインは自らがヒロインであることを知らない。
 しかし、彼らは違う。

 舞台は屋上。
 孤独な昼休みという、白川徹にとって大切な時間ををぶち壊した藤倉巴は、こう告げた。

「トオル君、君は【小説の主人公】に選ばれてしまったんだよ! そしてこの私は【ヒロイン】に選ばれた――――よろしくどうぞ」
  
 彼らは自分たちが小説の登場人物であると知っている。ただし彼らは、どうしようもないほど普通の人間である。ここは現実。ここには異能力も異世界も、唐突に始まる自己紹介なんかも存在しない。

「この物語は君と、この私と、昼休みの屋上の物語だ」

 ヒロインが言った通りに切り取られる物語。
 唐突なメタ発言から始まる、とりとめのないメタ会話劇。
 突如電波系と化した自称ヒロインに付き合わされる、他称主人公。
 物語の最後に、彼が至る答えとは。

 物語。それは連続した現実の途中に過ぎない。
 この話は、屋上に始まり屋上に終わったひとつのセカイの記録であり、少し読者に不親切な小説である。

 読みえた後に去来するものはカタルシスか? それとも肩透かしか。

 ――――貴方の想像力は、きっと揺れる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ヒロイン
    白川徹
    屋上
    セカイ
    小説
    昼休み
    カタルシス
    物語
    肩透かし
    他称主人公
    彼ら
    藤倉巴
    自称ヒロイン
    異世界
    自ら
    メタ会話劇
    想像力
    トオル君
    現実
    メタ発言

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち