神『私のために戦え!』俺『なめんな!』知識以外は一般人レベルで戦えなかったので軍隊作りました。 (外部サイトで読む

妖怪ポテチ

「向こうの世界で死んだら本当に死ぬから、本気でやらないとすぐに終わりよ」
ベルフェゴールと名乗った神様は笑いながらそう言った。

新米の神様達が自らの『出世』を賭けて行うゲームがあった。
『自らが選んだ召喚者を戦わせ、勝ち残ること』、それが出世の条件。
勝ち残りを目指す神達は、自らが選んだ最強の1人を選ぶのだが……。

なぜか勇者と勘違いされ、本郷は電話一本でゲームに参加させられてしまうことに。
「だって面相臭いじゃない?楽が出来るならそっちのほうがいいでしょ?」

知識が高いぐらいのサラリーマンが生き残れるわけがない。
そこで神様が特別に作った【知識を自らの力として手に入れる】力だった。
しかしこれが何とも使えない! デメリットしかない! 欠陥だらけの能力だった……。

自分に戦う力がないことを悟った主人公がとった行動は、

「知識をフル活用して、軍隊を作るしかない……!」

守銭奴のおっさんが、マッチョなオカマが、耳年増なヒロインが……。
個性的な連中を仲間して、少しずつ戦力が増えていく

神様達の出世を賭けたギャンブルゲームで、本郷は生き残るために戦いを始める。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ベルフェゴール
    出世
    本郷
    神様
    勝ち残り
    自ら
    耳年増
    知識
    軍隊
    守銭奴
    神達
    マッチョ
    オカマ
    面相
    ギャンブルゲーム
    サラリーマン
    欠陥だらけ
    神様達
    ヒロイン
    一般人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち