クロノカレー

マツダシバコ

僕はカレー専門店の店長だ。
僕の作るカレーは暗黒のように真っ黒い。
僕はそのカレーを17年煮込み続けている。
その間に僕は恋人を殺し、大学のサークル仲間を殺し、新しい恋人まで殺してしまった。
黒いカレーにはそんな彼らの亡骸と残された思いが溶け込んでいるのだ。
そのカレーを求めて、連日、僕の店にはたくさんの客が訪れる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クロノカレー
    亡骸
    カレー専門店
    サークル仲間
    黒いカレー
    新しい恋人
    連日
    店長
    彼ら
    大学
    たくさん
    思い
    17年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち