マツダシバコ

少年はシャツの襟に縫い付けられた象の刺繍が気に入っていた。
彼は象と始終一緒にいた。
実際に存在を知らない少年と象だが、彼らは深い友情で結ばれていた。
しかし、別れの時は近づいていた。
少年はその日が来ることに少しだけ気づいていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    少年
    始終
    深い友情
    刺繍
    シャツ
    彼ら
    別れ
    存在
    実際
    少し

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

更新日:2019年07月03日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち