追放された魔法使いは、実は剣聖でした~憧れの父を越えるために、少年は成り上がる~ (外部サイトで読む

異端の雀

魔法使いでありながら、魔法を使うことができない冒険者のアルク。
そんな彼は、パーティーでどんな扱いをされようとも決して文句を言わず、日々魔法を使うために努力していた。
しかし、彼の努力は虚しく、邪魔だという理由で追放を告げられる。

が、元パーティーメンバーは、後に気づくこととなる。
彼は、魔法が使えないだけだと。
しかも、魔法使いであるために杖以外の武器をとらなかった。
だから、本当の実力に気づくことがなかったのだ。

――――彼は、剣聖の力を持つ者である、と。

これは、魔法使いである父に憧れた少年が、パーティーを追放されたことをきっかけに様々な仲間に出会い、成長していく物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔法使い
    剣聖
    パーティー
    アルク
    冒険者
    少年
    元パーティーメンバー
    追放
    きっかけ
    杖以外
    日々魔法
    武器
    実力
    文句
    扱い
    憧れ
    物語
    努力

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2019/07/01 09:10:23

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は648aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
なかなかバランスが取れた作品ですね。

文章のバランスは良好です。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に、見直しをしてみてはいかがでしょうか。

まるで異世界に旅立ったような気分で楽しませていただきました!
ぜひ別のブレインでも分析してみてくださいね!
また新作も楽しみにしています!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      14文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      14文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      15文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      15.62

      名詞が少ないかな

    • 動詞の出現率

      12.11

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.1729

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.5649

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      52.48

      ひらがなが多いかな

    • 特殊語の出現率

      17.39

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      ちょうどいいね

    • 空行率

      30.67

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      27.48

      標準的だね