第六世界 (外部サイトで読む

宇野允人

 ブラック企業の園芸部門で働く男主人公が過労死して西洋中世風異世界ファンタジーに転生。
 朝から日が暮れるまで植物の世話をして日が暮れると名ばかり管理職として事務仕事。休みもなく働き続けベッドで意識を失ってそのまま死亡。
 「どうせ死ぬまで働くなら人の役に立つことをしたかった」
 ド貧乏な国に転生したけれど主人公最強の魔法と転生前の植物知識を組みあわせ剣と魔法の世界で成り上がり 俺は国を救い世界を貧困から救う!
 魔法使いはエネルギー源として奴隷狩りにあう世界。ほのぼの日常の安らぎを守るために侵攻国家とバトルし幼馴染みとの友情をはぐくみながら成長していきます。

 聖女と呼ばれる姫や幼馴染美少女といっしょに貧乏な国を救うが、戦争に巻き込まれて・・・。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    転生
    エネルギー源
    西洋中世風異世界ファンタジー
    幼馴染美少女
    魔法使い
    聖女
    侵攻国家
    管理職
    奴隷狩り
    バトルし幼馴染み
    安らぎ
    園芸部門
    主人公最強
    ブラック企業
    植物知識
    友情
    男主人公
    世話
    ベッド
    転生前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち