JK(中身は男)の上履きがなくなる話 (外部サイトで読む

八栗 恭平

「わたし」こと、高原結子はひょんなことから「上履きがなくなる体質」になってしまう。
 高校一年生になった彼女(但し元は男)は、友人の田畑美紀、彼女の姉で生徒会長の田畑佳子、幼馴染の岸戸学らとともに、毎回なぜかなくなる上履きを見つけ出すために奔走する。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    上履き
    岸戸学ら
    毎回なぜかなくなる上履き
    田畑佳子
    田畑美紀
    高原結子
    幼馴染
    高校一年生
    彼女
    但し元
    生徒会長
    体質
    中身
    わたし
    友人
    JK

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち