社畜の俺、創造主として美少女に溺愛される (外部サイトで読む

あざね


「珍しく、日付が変わる前に帰れた……」

 ドブラック企業に勤める皆本雅彦は、久々に早く帰宅する。
 せっかくなので趣味に時間を割こうと考えた彼だったが、仕事が忙しくなった数年間で環境が激変してしまったことを知る。だが、模索の中で小説投稿サイトを見つけたマサヒコ。

 とりあえず少しだけ書いてみて、眠ってしまった彼。

「おはようございます。創造主さま?」

 しかし翌朝、異変が起こる。
 目覚めた彼の目の前にいたのは、自らが書いた小説に出てくる女神だったのだ。

 これは一人の(元)社畜と、創造主としての彼を溺愛する美少女の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    創造主
    社畜
    美少女
    皆本雅彦
    ドブラック企業
    マサヒコ
    創造主さま
    異変
    模索
    女神
    翌朝
    小説投稿サイト
    目の前
    日付
    数年間
    自ら
    物語
    趣味
    環境

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち