ロシュフォール物語 (外部サイトで読む

正輝 知

かつて、巨大な魔力で大陸を支配したロシュフォール帝国。その栄華は、二千年以上も続き、帝都は『千年王城』として不夜城の如く君臨した。しかし、長命なロシュフォール族の傲りはとどまるところを知らず、狂気に取りつかれた魔法実験を繰り返し、貴族たちは腐敗と堕落に明け暮れた。しかし、神をも凌ぐ力を求めた魔法実験は、やがて魔力の大暴走を招く。その破壊力は凄まじく、帝都は文字通り吹き飛ばされ、一瞬にして灰塵と化した。その後、力で押さえつけられていた短命族は、大陸各地で反旗を翻し、支配層の皇族や貴族を捕らえ、処刑した。ただし、一部の皇族や地方貴族は、城や領地を捨てて、辺境や大陸外へ逃げのびた。こうして、長きに渡るロシュフォール族の支配は終わりを告げ、短命族による群雄割拠の世が訪れた。その後、数百年の時が流れ、ロシュフォール族にまつわる剣と魔法に彩られた物語が数多く紡がれることとなった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ロシュフォール
    ロシュフォール族
    帝都
    ロシュフォール帝国
    短命族
    皇族
    大陸
    ロシュフォール物語
    魔力
    魔法実験
    群雄割拠
    貴族
    不夜城
    支配層
    傲り
    灰塵
    大暴走
    数百年
    反旗
    破壊力

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち