忘却の残滓 (外部サイトで読む

山橋和弥

森谷健一が目覚めたのは古い民家。目覚めて気づいたことは自分に記憶がないこと。民家には自分と同じように記憶がない少年少女。どうして記憶を失ったのか? 記憶をなくした自分たちがこの場所で共同生活をしているのはなぜなのか? その疑問が氷解するときに、忘れていた記憶と、忘れたくなかった感情が蘇る。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    森谷健一
    記憶
    残滓
    古い民家
    忘却
    少年少女
    共同生活
    自分
    疑問
    感情
    自分たち
    場所

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち